唐津ガス

ご挨拶

皆様には、日頃より当社の事業運営に格別のご配慮を賜り、厚く御礼申し上げます。

時代を遡れば、明治5年、現在の神奈川県横浜の地にガス灯十数基が点灯されました。これがわが国ガス事業の発祥である、とされております。

当社は、皆様に安心してガスをご使用していただけるよう保安を徹底することは当然ながら、”触れ合うお客様、またお取引をさせていただける関係者の方々の喜ぶ姿を我が喜びに”という信条で、前向きに明るくお仕事をさせていただきたいと思っています。
どうぞ今後とも唐津ガスをお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

唐津ガスの歩み

昭和7年唐津市制施行の時、地元の有志の方達が市長に【上水道と都市ガスの導入の計画】を持ち掛けました。市長は「上水道は市直営、都市ガスは地元有志による事業に」という事となり、唐津瓦斯が設立されました。

  • 昭和8年2月8日付  ガス事業許可申請書提出 発起人代表:堀田栄治氏他
  • 昭和9年9月25日  商工大臣 町田忠治より許可 商工省指令第6429号
  • 昭和11年5月30日  唐津瓦斯株式会社設立総会
  • 昭和12年6月1日   ガス供給開始 需要戸数 419戸で開始

設立時の本社及び工場は、唐津市新興町の唐津駅南(現在の九州電力唐津営業所近隣)にありました。
当時ガスの原料は石炭であり、福岡県の筑豊炭田で採掘された石炭を旧唐津駅までは貨車で、そこから工場までは馬車で運ばれておりました。

沿革

昭和11年5月 資本金15万円で設立 本社所在地 唐津市新興町2951
  12年6月 都市ガス供給開始 419戸
  28年1月 第1次都市ガス普及5ヶ年計画
  33年1月 第2次都市ガス普及5ヶ年計画
  36年9月 液化石油ガス事業を開始
  39年9月 石炭ガスより石油ガス製造装置へ転換(四国ガス式)
  41年8月 熱量変更実施(3,600Kcal→4,500Kcal)
  43年9月 和多田製造所を設置
和多田天満町へプロパン(24,000Kcal)で供給開始 68戸
  45年7月 東唐津地区(4,500Kcal)へのガス供給開始
  45年11月 中圧管供給開始(1,379m)
  46年10月 サイクリック式石油ガスに転換(MS式)
  46年12月 東山本荘苑団地で簡易ガス事業開始
  50年7月 中九州ガス事業協同組合が設立され加入する。
  51年9月 養母田団地で簡易ガス事業開始
  52年6月 ガスの原料に液化石油(ブタン)を使用開始
  52年10月 本社工場 球形ガスホルダー完成
  58年11月 本社及び工場移転 所在地:唐津市神田2329
製造設備 MS式
球形ガスホルダー、有水ガスホルダー 各一基
  60年4月 中の瀬団地で簡易ガス事業開始
  60年5月 つつじ丘団地で簡易ガス事業開始
平成4年 九州熱量変更共同化事業結成
  4年6月 サンシティ山本団地で簡易ガス事業開始
  6年3月 ガス高カロリ-化(IGF21計画)準備体制に入る
  6年9月 生駒団地で簡易ガス事業開始
  7年3月 ガス高カロリ-化を平成11年度実施決定
  8年9月 高カロリ-化後のガスの原料は”液化天然ガス”に決定
  11年3月 LNGサテライト設備完成(平成10年4月 着工)
主原料がLPGからLNG(天然ガス)に
  11年4月~6月 熱量変更実施(4,500Kcal→11,000Kcal)
  13年3月 天然ガススタンド「唐津エコ・ステーション」開設(平成12年12月 着工)
  16年1月 LNG貯槽 3号器 増設
  23年11月 介護用品貸与・販売事業開始
  24年12月 水サーバーレンタル・販売事業開始

ガス器具カタログ

ご家庭のお客様

ガスで困った

ガスの安全見直し隊

唐津ガスは、環境をかんがえてます。

唐津ガスでもTポイントが使えます。Tポイント公式サイトはこちら

唐津ガス季刊誌 Oasis

唐津ガス Club off

ページの上部へ